memo

心に響くもの

日常

文化庁メディア芸術祭の受賞作品からピックアップ

投稿日:2011 年 2 月 15 日

文化庁メディア芸術祭前評判が高かったので、文化庁メディア芸術祭を覗いてきました。
新国立美術館にて2月2日から13日まで開催されておりました。
僕が行ったのが最終日だったので、もう終わってから記事にすることになってしまい、今更感はありますが、行けなかった人や、そんなイベントやってたの? という人の役に立てれば良いんじゃないかという思いでございます。



まず、メディア芸術祭とはなんなのか。公式サイトにはこのように書いてあった。

「文化庁メディア芸術祭」は、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的として、平成9年度(1997)から始まりました。アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で世界中から作品を募り、優れた作品に文化庁メディア芸術祭賞を贈賞するとともに、これらを広く紹介するために受賞作品展を毎年2月上旬に国立新美術館で開催しています。

もう14年も前からやっていたようです。知らなかった・・。
とりあえず、優れた作品をより多くの人に見てもらおうよ。という趣向のようだ。
この展覧会、見た直後はちょっと困ってしまった。というのも、分野はバラバラだし、コンセプトも統一感がないので、どう見たら良いものか分からなかったのです。
しかし、作品を単体で見れば、漫画やアニメをはじめとして、興味の湧くものがいくつかあったので、僕が気になったものを自分用のメモの意味も込めて、ピックアップしておこうと思います。

アート部門

優秀賞 NIGHT LESS
文化庁メディア芸術祭
Googleストリートビューの画像を使用して構成されたショートムービー。
アイデア次第で、撮影せずとも映画が作れるという面白さがあります。

エンタテインメント部門

優秀賞 Tabio Slide Show
文化庁メディア芸術祭
靴下専門店Tabioのプロモーションサイト。
靴下を履いて、廊下をすべるという、爽快感のある商品カタログ。
単純に、見ていて気持ちが良いです。
http://www.tabio.com/jp/event/slideshow/

車窓風景をそのまま楽曲に変換する音楽アート「sound/tracks」
文化庁メディア芸術祭
電車に乗っていると車窓の風景画流れていきますけども、その風景を楽曲に変換してくれるピアノ。
Youtube「sound/tracks」- Gibazine

アニメーション部門

優秀賞 カラフル
カラフル
これは有名な作品ですよね。森絵都による原作小説の映画です。
監督は、「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」の原恵一さん。
この作品は、ずっと見たいと思っていました。

優秀賞 マイマイ新子と千年の魔法
マイマイ新子と千年の魔法
絵柄が、すこしジブリテイストです。
監督が、以前ジブリ作品に関わっていたからでしょうか。まったく関係ないかもしれませんけど。
受賞作のなかでは、一番面白そうに思いました。
マッドハウス作品なので、質の高さは保障されていますね。

漫画部門

大賞 ヒストリエ
ヒストリエ「寄生獣」を描いた岩明均さんの作品。一番読んでみたいと思ったのがこれ。
漫画家になる前から温めていた物語なんだとか。
「舞台は紀元前。異民族スキタイの出身であることを知らず、都市国家カルディアで育ったエウメネスは、ある日養父を殺され、奴隷の身分に落とされてしまう。それが、彼の長い旅の始まりだった……」という話らしい。

 

優秀賞 孤高の人
孤高の人山の怖さとクライミングのスリルをリアルに描いた作品だそうです。
最近、登山の漫画が増えてきているような。

 

 

 

優秀賞 ぼくらの
ぼくらの少年がロボットに乗って戦って地球を救うという王道ストーリー。
ロボットが、まるでエヴァの使途のようだったのが印象的です。

 

 

 

優秀賞 レッド
レッド1969年から72年にかけての学生運動を描いた作品らしい。
以前、押井守と対談していたことで、名前だけは知っていました。 

 

 

 

その他の受賞作品は、こちらでご覧ください。
受賞作一覧

最近漫画にアンテナを立てていなかったので、面白そうな作品を教えてもらえたのが僕にとっての収穫でした。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

キャンプ in 富士山YMCA

お盆は、カブスカウトの活動で、キャンプに行ってきました。 富士山YMCAという施設で、所有する土地は、東京ドーム9個分なのだとか。よく分からないけど、まあとにかく広い。 とても、9個分をフルに使いきる …

no image

死ぬまでに行ってみたい10の場所

とっくに師走になっていました。 なにやら、もうすぐ今年も終わるようです。 手帳に書き記した、観たい映画リストは、ほとんど制覇してますけども、読みたい本リストは50%もいきませんでした。 リストに書きす …

no image

手塚治虫のブッダ展 – 漫画と仏像でみる仏陀の生涯

東京国立博物館で開催されていた、ブッダ展を見に行ってきました。 ブッダの生涯を、手塚治虫の代表作”ブッダ”の原画と、本物の仏像で追うという、なんとも風変わりな展覧会です。 仏像 …

no image

坂崎紫瀾の龍馬伝 – 汗血千里の駒

今年のNHK大河ドラマ、「龍馬伝」が終わってしまった。 今まで、坂本龍馬というと、どうしても司馬遼太郎のイメージがあった。 そして、大河ドラマというと、少し古い演出で若者には受け入れづらいものが多かっ …

日の出

ボーイスカウトのすすめ

久しぶりにブログの更新です。先日、ぼくの所属しているボーイスカウトで入団式を行いました。 そこで、保護者の方たちに、活動を紹介するためにビデオを編集して上映しました。 けっこう評判が良かったのと、まだ …