memo

心に響くもの

映画

『アナと雪の女王』の感想

投稿日:2014 年 4 月 5 日

アナと雪の女王

アニメーション映画として、興行記録更新中の『アナと雪の女王』を観てきた。
原作がアンデルセンの童話なのだけど、ストーリーは改変されており、いろいろと物議をかもしていることはさておいて、前評判の良さに釣られて、期待をしておりました。
感想としては、これまでのシンデレラストーリーとは違う新しさと、人間が成長するまでの過程が描ききれていない物足りなさも少しあったかな。



アナと雪の女王

触れたものを何でも氷に変えてしまう女王エルサと、その妹のアナのふたりが主人公となって、世界を救う真実の愛が描かれる。
エルサは子供のころ、魔法を使って遊んでいるとき、はしゃぎ過ぎて氷の塊をアナの頭に当ててしまう。アナは昏睡状態になるのだけれど、トロールの魔法で意識を取り戻すことになる。
しかし、この事故が切欠で、エルサは心を閉ざしてしまい、自己否定型の人間になってしまう。

アナと雪の女王

エルサが持つ魔法の力は、どんどん強くなっていくのだけれど、魔法の力を知られぬようにするため、閉じこもった生活を続けていた。
だけど、ついに魔法が暴発してしまい、エルサは化けもの扱いされて、城を抜け出すことになる。魔法が心の棘として描かれていることは、新しいなと思った。

そこから、エルサは開き直って、ひとりで山にこもった生活を始めてしまう。
これが、けっこう物語早々にきてしまうので、妹のアナが、どのようにエルサを救うかというのが焦点となる。
これまでのディズニー作品であれば、きっと素敵な王子様がやって来て、いろいろあったけど最後は王子様の愛で救われた、っていうのがオチなんだと思う。これは、あまり現実的ではないし、結局それでチャラになるんかい、っていうズルさもあるし、もう二人でやっててよ、という話になってくる。しかし、この映画は、さすがに、そんな使い古された骨法を使ってはいなかった。

アナと雪の女王

王子様にあたる人間も、当然出てくるのだけれど、最終的なオチがそこではない。
この映画は、人間は承認されることで救われる、ということを描いている。それが、恋愛とは限らないよ、と云っているんだと思う。
恋愛に夢見てるんじゃないよ、というのが裏のメッセージだろうか。

アナと雪の女王

アメリカ映画で、「男なんていらないよ」と言われたことに、新しさを感じたものの、物足りなさがあったのも事実かな。
エルサが救われて、簡単に成長してしまったのは呆気なかった。エルサは、自分を乗り越えるための、一歩を踏み出したにすぎない。映画はそこで終わりだけど、実際はそこからサバイバルしていかなければいけない。そんな余韻も感じさせてほしかった。
むしろ、作中でもっとサバイバルしていく姿を見たかった。

アナと雪の女王

だけど、この物語は、完全に女性目線で描かれているので、ぼくには拾い損ねているものも、たくさんあるのかもしれない。誰に感情移入しながら観るかによっても、違うのかな。ぼくは、完全にアナ目線だった。
それから、アメリカ映画なので、文化の違いから気づけていない面も、きっとある。シンデレラストーリーを覆したところは、大きいんだと思う。

ディズニー映画だからって、カップルで観に行くことは、あまりオススメできないかも(笑)。

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション
「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック」(全33曲収録)に、日本版ヴォイス・キャスト(松 たか子、神田沙也加、ピエール瀧他)による日本語歌9曲と、映画キャンペーンを通じてMay J.が歌ってきた「レット・イット・ゴー~ありのままで~」劇中歌Vers.(日本語歌・初収録)や英語歌がセットになった豪華2枚組アルバム

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダム・キーパー

「ダム・キーパー」を観た

ようやく、トンコハウスの「ダム・キーパー」を見ることができました。 この作品は、海外の映画祭を中心に上映されていて、日本での公開はごく僅かだったもんで、見る機会を逃していました。 今回は、ほぼ日刊イト …

no image

アポカリプト

APOCALYPTO アポカリプトを見た。 ちょいと、ネタバレありで書きます。 舞台は、マヤ文明後期のジャングル。事前情報としてあったのは、それだけ。 物語早々、襲撃をうけた部族がジャングルを移動して …

no image

ターミネーター4 Terminator Salvation

Terminator Salvation ターミネーターは帰ってきましたよ。 前作のT3が、ただ破壊しまくるだけで、ドラマのないヒドイ出来だっただけに、今回は、挽回の意味も込めて、期待しておったのです …

no image

GOEMON

GOEMON 先日、GOEMONという映画を観てきました。 この監督さん、宇田多ヒカルとかのPVを作っていた人で、映像畑出身なだけあってCGに力が入っています。 全編オーバレイフィルタをかけたような、 …

no image

『クラウド アトラス』を観て思うこと – 選択することで世界は繋がる

現在公開中の映画、『クラウド アトラス』を観てきました。久しぶりに、ブログに書きたくなるような、凄い映画だった。なにが凄いって、「とにかく、凄い映画だった」というのが第一印象に出てしまうような、説明の …