memo

心に響くもの

映画

ターミネーター4 Terminator Salvation

投稿日:2009 年 6 月 17 日

ターミネーターは帰ってきましたよ。
前作のT3が、ただ破壊しまくるだけで、ドラマのないヒドイ出来だっただけに、今回は、挽回の意味も込めて、期待しておったのですよ。
冒頭から、「あぁ、これなら大丈夫そうだな」という雰囲気だったので、安心して観ることができた。
これでコケたら、ターミネーターはもう完全に死んだな、と思っていたので、ほんとうに良かった。
ネタバレになるので、あまり言えないけれど、T1とT2のオマージュが盛りだくさんで、ファンにはたまらなく嬉しい作品になっていた。
さすが、ターミネーターファンの監督が作っただけあって、過去作品への敬意を感じるし、真面目に仕上げたな、という感じ。
それに、役者が良い。ジョン・コナー役のクリスチャン・ベイルは言うまでもないけれど、サム・ワーシントンが演じる、マーカス・ライトが、最高にカッコイイ。ほとんど、彼が主役ですよ。少年時代のカイル・リースを演じたアントン・イェルチンも良い。予告を見た限りでは、カイルには見えなかったけれど、それは勘違いだった。むしろ、カイルにしか見えないくらいだ。そうとう、T1のカイルを研究したのだろうなあ。シルバーマン博士も登場するかと、期待したけれど、さすがにそれは無かった。
ターミネーター5の制作も決まっているようだし、楽しみに待ちたい。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダム・キーパー

「ダム・キーパー」を観た

ようやく、トンコハウスの「ダム・キーパー」を見ることができました。 この作品は、海外の映画祭を中心に上映されていて、日本での公開はごく僅かだったもんで、見る機会を逃していました。 今回は、ほぼ日刊イト …

no image

『クラウド アトラス』を観て思うこと – 選択することで世界は繋がる

現在公開中の映画、『クラウド アトラス』を観てきました。久しぶりに、ブログに書きたくなるような、凄い映画だった。なにが凄いって、「とにかく、凄い映画だった」というのが第一印象に出てしまうような、説明の …

アナと雪の女王

『アナと雪の女王』の感想

アニメーション映画として、興行記録更新中の『アナと雪の女王』を観てきた。 原作がアンデルセンの童話なのだけど、ストーリーは改変されており、いろいろと物議をかもしていることはさておいて、前評判の良さに釣 …

no image

『夢と狂気の王国』を観た

スタジオジブリの製作現場を描いたドキュメンタリ映画『夢と狂気の王国』を観てきました。 ジブリを題材にしたドキュメンタリというと、これまでにも沢山あって、一つの作品が出来るまでの過程を追ったメイキングも …

no image

GOEMON

GOEMON 先日、GOEMONという映画を観てきました。 この監督さん、宇田多ヒカルとかのPVを作っていた人で、映像畑出身なだけあってCGに力が入っています。 全編オーバレイフィルタをかけたような、 …