memo

心に響くもの

「ダム・キーパー」を観た

   

ようやく、トンコハウスの「ダム・キーパー」を見ることができました。
この作品は、海外の映画祭を中心に上映されていて、日本での公開はごく僅かだったもんで、見る機会を逃していました。

TOBICHI 2「ダム・キーパー」

今回は、ほぼ日刊イトイ新聞との提携で、南青山にある「TOBICHI 2」にて、6日間にわたり上映されることとなったので、さっそく行ってきました。
チケットは、なんとたったの100円!

ダム・キーパー

物語は、汚染された大気に覆われた世界が舞台で、町を守るダム・キーパーとして、ダムを管理する少年のブタが主人公。「呪われた大気」から、町を守っているブタくんですが、学校ではイジメられており、辛い毎日をおくっています。
そこに、天真爛漫なキツネくんが転校してきて、その出会いによって、物語が動き出します。

物語全編にわたってセリフが無いせいか、感情を拾い込んでしまう作品です。ブタくんが感じた絶望感や、希望が差し込んだときの晴れやかさも、すごい伝わってきました。

個人的には、アカデミー賞を受賞した「愛犬とごちそう」よりも、「ダム・キーパー」のほうが好みでした。

 - 映画

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
変化し続ける宮崎駿

崖の上のポニョ ジブリの新作「借りぐらしのアリエッティ」は、2010年7月17日 …

no image
GOEMON

GOEMON 先日、GOEMONという映画を観てきました。 この監督さん、宇田多 …

no image
思い出の本 スマーフ物語の復刻を望む

先日、ネットサーフィンをしていたら、たまたま「スマーフ」のサイトに行きつき、映画 …

no image
アバター”AVATAR”

AVATAR 話題のアバターを見てきました。 押井守に「10年経っても追いつけな …

no image
「コクリコ坂から」の照らす道

ジブリの最新作「コクリコ坂から」を観てきました。 監督は、宮崎駿の息子の吾朗さん …

アナと雪の女王
『アナと雪の女王』の感想

アニメーション映画として、興行記録更新中の『アナと雪の女王』を観てきた。 原作が …

no image
ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~

ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~ 先日、地上波放送されたポニョを …

no image
『夢と狂気の王国』を観た

スタジオジブリの製作現場を描いたドキュメンタリ映画『夢と狂気の王国』を観てきまし …

gravity
『ゼロ・グラビティ』の感想

現在公開中の大ヒットしている(と思われる)、『ゼロ・グラビティ』を観てきました。 …

no image
『ビューティフル・マインド』を観て思うこと

『ビューティフル・マインド』という映画が面白いと聞いて、さっそく観てみた。 主人 …