memo

心に響くもの

アバター”AVATAR”

   

avatar

話題のアバターを見てきました。
押井守に「10年経っても追いつけない」と言わしめた映像は、ほんとうに素晴らしものだった。もしかしたら、映画史に残る作品になるんじゃないかな。
3D上映の字幕版で観たのだけれど、この映画に限っては吹替え版もありかもしれない。
字幕を追っていると、3D映像に慣れるまでに時間がかかるのと、映像自体にも情報量が多いので、できるだけ映像に集中したほうが良いです。

avatar

3D映像ってのは、久しぶりに観たのだけれど、ずいぶん技術が進歩していて驚かされました。視力の悪い自分でもちゃんと立体に見れて感動(笑)。
昔は、かなりウソくさい薄っぺらな立体映像だったけれど、アバターはほんとうにリアルで、匂いが漂いそうなくらい臨場感があった。映像の奥行きが、普通の映画とは違います。このまま進めば、映画は3D時代に突入するのかもしれない。
アバターが、3D映画の秀作として、長い期間語り継がれるのは間違いないでしょう。

avatar

ストーリィについては、各所で語られているとおり、そんなに捻りのあるものではないけれど、それでも、ハリウッドお得意の迫力だけに重点をおいた、アメリカ万歳映画ともすこし違う。というか、アメリカ人がアメリカを批判しているのだ。
そもそも、監督のジェームズ・キャメロンは、日本アニメのファンでもあるらしく、その影響を色濃く受けていることを感じさせます。
宮崎駿と押井守を足して、キャメロンというハンマで砕いてからアメリカ製のフィルタで漉したらアバターが出来上がりました、という感じだろうか。
日本のアニメを見ている人には、すごく馴染みやすい映画であると思う。

 - 映画 , ,

Comment

  1. cap より:

    そんなにすげいのか・・

    見たくなっちゃったよ・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ダム・キーパー
「ダム・キーパー」を観た

ようやく、トンコハウスの「ダム・キーパー」を見ることができました。 この作品は、 …

no image
ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~

ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~ 先日、地上波放送されたポニョを …

no image
変化し続ける宮崎駿

崖の上のポニョ ジブリの新作「借りぐらしのアリエッティ」は、2010年7月17日 …

no image
「借りぐらしのアリエッティ」を観て、宮崎駿の凄さがよく分かった

借りぐらしのアリエッティ 「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。 ジブリ映 …

no image
『夢と狂気の王国』を観た

スタジオジブリの製作現場を描いたドキュメンタリ映画『夢と狂気の王国』を観てきまし …

no image
ターミネーター4 Terminator Salvation

Terminator Salvation ターミネーターは帰ってきましたよ。 前 …

no image
アポカリプト

APOCALYPTO アポカリプトを見た。 ちょいと、ネタバレありで書きます。 …

no image
思い出の本 スマーフ物語の復刻を望む

先日、ネットサーフィンをしていたら、たまたま「スマーフ」のサイトに行きつき、映画 …

gravity
『ゼロ・グラビティ』の感想

現在公開中の大ヒットしている(と思われる)、『ゼロ・グラビティ』を観てきました。 …

no image
「コクリコ坂から」の照らす道

ジブリの最新作「コクリコ坂から」を観てきました。 監督は、宮崎駿の息子の吾朗さん …