memo

心に響くもの

古民家の不思議なカフェ、ここち屋に行く

   

ちょっと良いカフェを見つけた。
いや、しかし、カフェと呼ぶには少々抵抗のある店構えをしている。
かといって、茶屋でもないし、レストランとも言いがたい。やっぱりカフェなのだと思う。

ここち屋

この外観からして、ただならぬ雰囲気が伝わってくるでしょうか。
スタッフの方にお話を伺ったら、元々は普通に暮らしていた古民家を、カフェとして利用しているんだそうです。
既に築100年以上は経っているのだとか。つまり、明治の終わり頃に建てられた家のようだ。
ここまで古い木造家屋はなかなか見ることがないし、実際にまだ現役で使われているのが素晴らしいです。

ここち屋

中に入ると、そこは生活感のある部屋だった。漫画や、子供服に、ぬいぐるみなどが置かれているし、スタッフの方の荷物も、無造作に置かれている。電話はもちろん黒電話だ。玄関先ではiPodなんかも充電してあったり、現在と過去が入り交ざった、アンバランスなところが面白い。

ここち屋

注文をすると、まずスタッフの方が「最初の一杯は注ぐけど、あとはセルフサービスね」と笑顔で水を持ってきてくれた。
この気を使わない感じって、まるで親戚か友達の家に遊びに来た感覚だった。普通のサービス業ではあり得ないけど、この古民家の中に入ってしまえば、それがサービスみたいにも感じる。う~ん、素敵。
まるで田舎の知り合いの家に、ふらっとお邪魔して、食事を頂いているような、そんな和めるカフェなのでした。

ここち屋

残念なことに、このカフェは今月一杯で営業終了となるらしい。
来年には、古民家も壊されてしまって、マンションが建てられるのだそうだ。
今月中に、もう一回行かなければいけないなあ。

古民家のカフェ ここち屋
http://cocochya.seesaa.net/

 - イイ店 ,

Comment

  1. ERI より:

    おぉ 素敵な感じのカフェだねぇ~♪
    行きたーいって言おうと思ったら 今月で閉店してしまうのかぁ…
    妊婦犬おるから 行けそうにないなぁ

  2. amaken より:

    む、素敵だ。
    今度の土曜日、ご一緒しませんかい?

  3. masato より:

    >ERI
    今月でこの古民家は終わってしまうけど、
    別の良い家が見つかったら、改めてオープンするらしいよ。
    期待しておこう!

    >amaken
    行きましょう。amakenは気に入ると思う!
    終了間際で、常連さんたちが集まるようなこと言ってたから、
    めちゃくちゃ混むかもしれないけど(笑)。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
神保町のゆるいカフェ HINATA-YA/ヒナタ屋

神保町にある、ちょっと有名なカフェ、HINATA-YA(ヒナタ屋)に行ってきまし …

no image
スッポン鍋のもみぢ

すっぽん料理屋の、「もみぢ」に行ってきた。とんねるずのきたなシュランで有名になっ …

no image
神楽坂の路地裏喫茶トンボロ

神楽坂の裏路地にある喫茶店、トンボロに行ってきました。 神楽坂に用があるわけじゃ …

no image
荻窪のカフェ+ギャラリー+古本屋『六次元』

ブログを書かないと、生存確認されなくなってしまうので(笑)、ちょっと書いてみる。 …

no image
番茶カフェの昼行灯ろびんに行く

飯田橋の路地裏にある、カフェ「ろびん」に行ってきました。 地元の人しか知らないよ …

no image
下町の和める空間 珈琲 花歩

下町の路地裏。一見普通の住宅と勘違いしてしまう佇まい。 そこは、以前から、いつか …

no image
高井戸のドッグカフェ「chi chi」

高井戸にあるドッグカフェ、「chi chi」に行ってきました。実はドッグカフェは …