memo

心に響くもの

映画

GOEMON

投稿日:2009 年 5 月 14 日

goemon

先日、GOEMONという映画を観てきました。
この監督さん、宇田多ヒカルとかのPVを作っていた人で、映像畑出身なだけあってCGに力が入っています。
全編オーバレイフィルタをかけたような、こってりとした濃い映像で、好き嫌いが分かれそうですけども、僕は嫌いじゃあないです。
ストーリィのほうは、あまりヒネリがありませんけどね。映像目的で観るには良いですよ。

0514

ちなみに、南大沢で観たのだけれど、あの街、ずいぶん変わっていて驚きました。
最後に行ったのが8年ほど前で、そのころは、アウトレットなんてなかったし、当然映画館もなかったわけで、人なんて数える程度しかいなかったんですけど、いまではもう観光地状態ですね。
東京都立大学を、高校生のふりをして見学した、あのころが懐かしい(笑)。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ターミネーター4 Terminator Salvation

Terminator Salvation ターミネーターは帰ってきましたよ。 前作のT3が、ただ破壊しまくるだけで、ドラマのないヒドイ出来だっただけに、今回は、挽回の意味も込めて、期待しておったのです …

no image

『夢と狂気の王国』を観た

スタジオジブリの製作現場を描いたドキュメンタリ映画『夢と狂気の王国』を観てきました。 ジブリを題材にしたドキュメンタリというと、これまでにも沢山あって、一つの作品が出来るまでの過程を追ったメイキングも …

gravity

『ゼロ・グラビティ』の感想

現在公開中の大ヒットしている(と思われる)、『ゼロ・グラビティ』を観てきました。 宇宙飛行士が、事故によって宇宙空間に放り出され、スペースシャトルも大破して、決死のサバイバルを繰り広げる本作。宇宙空間 …

no image

思い出の本 スマーフ物語の復刻を望む

先日、ネットサーフィンをしていたら、たまたま「スマーフ」のサイトに行きつき、映画化されて来年には日本でも公開されることを知しりました。 この「スマーフ」というのは、青い肌にダンゴッ鼻の小さな妖精のこと …

ダム・キーパー

「ダム・キーパー」を観た

ようやく、トンコハウスの「ダム・キーパー」を見ることができました。 この作品は、海外の映画祭を中心に上映されていて、日本での公開はごく僅かだったもんで、見る機会を逃していました。 今回は、ほぼ日刊イト …