memo

心に響くもの

日常

手塚治虫のブッダ展 – 漫画と仏像でみる仏陀の生涯

投稿日:2011 年 7 月 6 日

ブッダ展東京国立博物館で開催されていた、ブッダ展を見に行ってきました。
ブッダの生涯を、手塚治虫の代表作”ブッダ”の原画と、本物の仏像で追うという、なんとも風変わりな展覧会です。
仏像には、まったく興味はなかったのだけれど、手塚治虫のブッダと、仏教には少しだけ興味があったので、どんなものか見てみよう、という軽い気持ちで行ってきたのでした。



ブッダ展

手塚治虫の描いた”ブッダ”と、ガンダーラや日本などの仏像で表現された”仏陀”を比較しながら鑑賞するという、奇妙な組み合わせのものなのだけれど、これが非常にわかりやすくて面白かったです。
というのも、手塚治虫という人が凄いのだろうけれど、その実物の仏像で表現されているものと、漫画で描かれているものが見事にマッチしていて、その正確さに打ちのめされます。もしかしたら、仏像に合わせて描いた絵なんかも、あったりするのかな。

ブッダ展

もし仏像だけを見ていても、僕には、それほど楽しめなかったと思うけれど、手塚治虫の原画を使ったプレゼンテーションによって、仏像も楽しむことができました。仏像も、ストーリー立てて見ていくと、分かりやすいものになるようです。
興味のベクトルを向けさせるためのアプローチとしても、ちょっと参考になりました。

ブッダ展

僕にとって一番目を奪われたのは、やっぱり手塚治虫の原画です。
かなり描き込んである原稿が、大胆にごっそり修正してあったり、鉛筆のネームが残っていたり、ペンの跡とベタの塗りむらがはっきりと分かったり、印刷物とは違って生の迫力がありました。

手塚治虫の仕事に感服したり、仏陀というひとりの人生を見つめてみたり、価値が高い仏像が集結していたり、ほんとうに不思議な展覧会なのでした。

手塚治虫 書籍一覧


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

西湖でキャンプ

カブスカウトの活動で、西湖に行ってきました。 湖でペットボトルのイカダで遊んだり、樹海のなかにある、溶岩でできた洞窟に入ったりと、非日常体験を楽しんできました。 今回行った洞窟は、観光地とは別の、迷っ …

no image

ヘンプで宮崎あおい風のカメラストラップを作ってみる

一眼カメラのストラップは、最初から付いていたメーカのものをずっと使用してきたんですけども、やっとオリジナルのストラップを作りました。 まえから、オリンパスのCMで宮崎あおいが使っていたカメラストラップ …

no image

押井守が語る原発 – LOOP-02 東京藝術大学シンポジウム

先月、東京芸術大学で開催された、押井守さんのシンポジウムに行ってきました。 押井さんの話は、原発の問題から始まり、身体論まで、予定の時間を30分もオーバーするほど絶好調で、とても面白い内容でした。 当 …

サニィの首輪

革作りのオーダーメイド幅広首輪「HIRO Workshop」

no image

イバラード借景庭園展に行く

イバラード – 井上直久の世界 しばし、イバラードの世界へ。 そこは、画家の井上直久さんによって創造された架空の世界。だけど、まったくの架空ではなくって、現実世界の視点を変えることによって …