memo

心に響くもの

乃木希典のほんとうのところ

   

旧乃木邸先日、赤坂の近くまで行ったとき、乃木坂にある「旧乃木邸」を覗いてきておりました。
東京メトロ千代田線 乃木坂駅のすぐ側に「乃木公園」として残されています。
乃木大将の遺言により、土地建物が東京市に寄贈されたのちに、隣接した100坪を購入し、現在のように公園として整備されたのだとか。

旧乃木邸

乃木邸の周囲には、見学するためのテラスが作られていて、内部を覗くことができます。
見る、というよりも、覗く、という感覚。内部は、あまりはっきり見れません。
室内の公開は、乃木大将の命日の9月13日と前日の12日のみに、公開されているのだとか。
わざわざ見に行かれる方は、その日を狙って行くのが良さそうです。

旧乃木邸

邸宅の横には、煉瓦作りの厩があります。
木造の邸宅と比べて、ずいぶん立派な造りです。

乃木希典

乃木希典というと、司馬遼太郎によって酷評された、無能な愚将というイメージが強くあります。
203高地を無策で突撃させて、多くの兵士を死なせてしまい、児玉源太郎参謀長が指揮を代行することになった。という話。
児玉が指揮を執らなかったなら、損害は拡大していたと言われていると実しやかに語られているけれど、そこまで無能と言われる人間の邸宅が、現在まで大事に扱われているのが、少し不思議にも感じます。
それだけではなくて、乃木希典を敬愛する人たちは、乃木坂という地名まで作り、乃木邸宅の隣には乃木神社まで作ってしまったわけで、ここまでされてしまえば、乃木希典は今でも生きているようなものだ。

乃木希典

軍人としては無能だったけれど人徳は高かった。とされているけれど、人徳だけでここまでされるものなのか? と疑問に思って検索してみたら、やはり賛否両論あるらしく、司馬説に反論するサイトが、いくつか見つかった。
その中から、ひとつを引用します。

戦後、乃木将軍は、「人徳は素晴らしいが軍事的手腕は無能であった」といった評価があるが、それはすべてまちがいであり、後知恵である。

強襲法と正攻法
旅順攻防戦では、無謀な正面攻撃を繰り返し多くの犠牲者を出したというイメージが植え付けられているが、当時の世界では砲撃によって、相手の防塁の火力を叩いて、攻める強襲法が常識的な戦法であった。

乃木以下第三軍も、この強襲法を行った。
二日間に及ぶ、空前絶後の砲撃を加えて突撃を開始している。しかし、コンクリートで固められた強固な防塁を破壊することができなかったのである。
しかも、弾薬が明らかに不足していた。

その後投入された二十八センチ榴弾砲によっても十分に破壊できず、多くの犠牲者を出している。

しかし、第三軍は、一回目の攻撃の失敗により正攻法を併用している。
塹壕を掘り進め相手の防塁に近づき、そこからトンネルを堀り、地下からの爆撃により要塞を陥落させたのである。
また、二〇三高地を最初から攻略しておけば良かったという指摘も間違いである。
これは、海軍の要請であり、要塞そのもののを攻略するには遠回りでしかない。
しかし、ここでも柔軟に海軍の要望に応え、二〇三高地を落とし、懸案の旅順艦隊を潰滅させている。
難攻不落の旅順要塞を攻略するには、長い時間と多くの将兵の犠牲なくしては為しえなかったのである。
乃木の鉄心と第三軍将兵の国を守ると言う不屈の闘志により為しえたのである。
乃木の人徳があったからこそ多くの将兵は、命を預け、突撃していったのである。
http://itomaj.web.fc2.com/nogijinjya.htm

乃木希典

真実が、ほんとうにこの通りなのか分からないけれど、乃木坂となり乃木神社となって生き続けている事実を見たら、反論説にも説得力がありますね。
また、203高地攻略に関して、「坂の上の雲」で書かれていた、児玉源太郎に指揮を代行した話が史実のように広まっているけれど、これもまた裏付けのある一次資料がないらしく、司馬遼太郎のフィクションではないかと言われているのだとか。

 - 東京散歩 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
七福神めぐり – 武蔵野吉祥七福神

なんだか、無性に歩きたくなって、七福神めぐりをしてきました。 登山でもしようかと …

no image
東京スカイツリー

こないだ、再来年完成予定の東京スカイツリーを見てきました。 今後、東京のシンボル …

no image
六道山公園を散歩 – 植物を見て思うこと

例によって例のごとく、犬仲間の皆さんとハイキングに行ってきまして、今回は、植物に …

no image
お台場ガンダム

三連休の真ん中、19日にお台場に行ってきました。 何しに行ったって、ほとんどガン …

no image
深大寺 ドッグランとその周辺をぶらりと散歩

ゲゲゲの女房の舞台で有名になった、深大寺に行ってきました。 都心から一時間ほどで …

no image
南高尾山稜をハイキング

人間回復のために、というわけでもないのだけれど、登山に行ってきました。登山といっ …

no image
野山北公園とクロスケの家

犬仲間の皆さんと、野山北公園に行ってきました。 都心から一時間程度で、日本の原風 …

no image
調布七福神めぐり

武蔵野吉祥七福神につづきまして、調布の七福神めぐりをしてきました。 前回は、ひと …

no image
見栄っ張りな旧岩崎邸

旧岩崎邸。 もしも、この洋館がなかったら、今の日本の住宅に、ベランダは存在しなか …

no image
犬と行く 払沢の滝と秋川BBQ公園

ハイキング日和の、春が過ぎ。足枷のような、梅雨も過ぎ。じっとり暑い、夏がやってき …