memo

心に響くもの

六道山公園を散歩 – 植物を見て思うこと

   

六道山公園例によって例のごとく、犬仲間の皆さんとハイキングに行ってきまして、今回は、植物に意識を向けて歩いてみました。前日まで大雨続きだったため、植物たちは元気はつらつなのでした。
場所は、こないだ行った野山北公園と隣接している、六道山公園です。
今回と前回で、来れるメンバーが違っていたりで、なかなかフルメンバーが揃いません。近いうちにフルメンバーで出かけたいですね。

022
お昼ご飯は、タンポポ畑でピクニック。
そこらじゅう、タンポポの綿毛だらけ。

六道山
「あっちーぜ」と舌を垂らすゴンちゃん。
こちらのフレブルくん。飼い主さんいわく、中谷美紀似の笑顔なのだとか。

六道山
この日は、5月5日だからこどもの日。立派な鯉のぼりが泳いでいます。
イベントが行われていて、大賑わいなのです。

六道山
そんななか、サニィのリードを食いちぎろうとするゴン太くん。

六道山
シャクトリムシさんは、指の上を冒険しています。
測量に人生をかけている熱意が伝わってきます。
これだけ没頭して生きてみたいものですね

六道山
生きモノ探し中のチロさん。
美味しいネズミかヘビでも探しているのでしょうか。

六道山
「もう動きまへんで。へっへっへ」
疲れきって、お姉座りをするゴン太くん。
飼い主さんは、もっと疲れていたかもしれません。

六道山
こちらは、池で遊んでいるわけじゃあないんですよ。
前日まで、雨の日が続いていたため、山道が川になっているのです。

六道山
さらさらと流れる雨水の川。
道が一面、きらきら光って綺麗です。

六道山
色とりどりのビオラさん。

六道山
この季節は、森林で何かと見かける、シャガの花。
このシャガという花は、お釈迦様が愛でていたことに由来して、シャガと名づけられました。という話を聞いたような。でも、ウソだったような。

六道山

いろいろな植物を見ていると、なんだか人間と同じようなものだな、と思えてきたりもしました。
その場所に適した植物が、その場で生きていて、環境が合わない場所につれていけば、枯れてしまう。
どこでも生きられる雑草は、育つのが早く、枯れるのも早いけれど、かならず根が残るから無くならない。かなり図太い。
どの植物も、花を咲かせるまでは、ぐんぐん成長して、一花咲かせてしまえば、元気がなくなってしまう。
大きく育つ植物は、最初の生長が遅くて、地面の下で根を張って、見えないところで着実に育っていく。

人間でも、どれかに当てはまりそうな感じがする。
決定的な違いは、ただひたすらに生きる植物と、ただになれない人間ということなのかな。

ということは、生きるヒントは“ただひたすら”にあるということか? なんて考えてみたり。


こちらは、今回のハイキングとあまり関係ないですけども、犬仲間のサラパパさんに教えてもらった、金丸明日香の「My Best Friend」という、犬と人間の関係を歌った曲です。
とっても、ほろり。なのでした。
ワンコ写真のスライドショーをどうぞ。自己満足万歳!

 - 日常, 東京散歩, 犬との暮らし ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
押井守と映像の魔術師たち

八王子市夢美術館にて「押井守と映像の魔術師たち」展を見てきました。 これまでの主 …

no image
ドッグフード比較 – 犬の食事選び

長らく食べ渋っていたドッグフードが、ようやく無くなりつつあるので、次に買うフード …

no image
押井守が語る原発 – LOOP-02 東京藝術大学シンポジウム

先月、東京芸術大学で開催された、押井守さんのシンポジウムに行ってきました。 押井 …

no image
痩せすぎサニィ

狂犬病の注射を打つんで、先日サニィの体重を量ったんですが、 5.35kgで一年前 …

no image
大人の視点かただの慣れ

最近、自分が歳を取ったと思うことがある。 身長が伸びなくなったとか、寝不足に弱く …

no image
飯能河原で川遊び

梅雨が明けて、夏の気配も近づいて来たということで、またもや犬をつれて川遊びに行っ …

no image
バットレスキャンプ場

ボーイスカウトの活動で、キャンプに行ってきました。 山のなかにあるバットレスキャ …

no image
坂崎紫瀾の龍馬伝 – 汗血千里の駒

今年のNHK大河ドラマ、「龍馬伝」が終わってしまった。 今まで、坂本龍馬というと …

no image
犬と歩く三頭山

犬仲間の皆さんに、奥多摩の三頭山に連れて行ってもらいました。 すごく整備されたハ …

no image
ジブリの古里 江戸東京たてもの園

ずいぶん前から、行きたいと思いつつ、出不精な性格ゆえにその思いを溜め込んでいた、 …