memo

心に響くもの

変化し続ける宮崎駿

   

崖の上のポニョ

ジブリの新作「借りぐらしのアリエッティ」は、2010年7月17日公開だそうです。その告知のため、昨夜は「崖の上のポニョ」が地上波で初放送されました。
劇場でも観ましたけど、テレビ放映されるとなぜか観てしまうのがジブリ映画です。
今回で二度めの鑑賞ですけども、一回めとは違って背景やディテールに眼がいくようになって、新たな気づかされがありますね。

崖の上のポニョ

まるで絵本のような作品で、大人にはすこし物足りなく感じるかもしれませんけども、こういった作品こそが「子供のために映画を作る」と公言している宮崎駿の本質なのだろうと思います。
これまでの作品のように繊密な映画も、作ろうと思えば作れるんだろうけど、ほとほと厭きてしまったんでしょうね。

ジブリが徳間書店から独立したころ、「これからは宮さんに好きな映画を作らせたい」というようなことを、鈴木敏夫プロデューサーが言っていたと記憶しているけれど、それ以後は、初期のジブリ作品とはあきらかに違った映画になっています。
こういった作品の変化が、過去の作品を求めるファンの間では、宮崎作品はつまらなくなった、と言われているようです。
僕は同じものを見るよりも、別の世界を見せてもらえたほうが良いですけど、世間はどうも違うのだなあ。
作り手としても、同じものを作っていても届く先に広がりもないし、作品が変わっていくのは当然のことだと思うんですけどね。

崖の上のポニョ

ずっと同じ道を歩くより、たまには知らない道に入り込んで迷子になるのも楽しいものです。

 - ジブリの話, 映画 ,

Comment

  1. cap より:

    ポーニョポーニョポニョ、サ・カ・ナノ子ぉ~♪

    魚の子ってぃぅより、魔法使ぃの子ってカンジがしたのは

    σ(゚∀゚;)だけ?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
宮崎駿の雑想ノート ドラマCDを聴く

宮崎駿の雑想ノート 宮崎駿の雑想ノートをご存知でしょうか。 豊かな想像力と膨大な …

no image
熱風7月号「ぼくには、鉛筆と紙があればいい」

スタジオジブリ発行の 熱風 7月号にて、宮崎駿さんがiPadに痛烈な批判をしてい …

no image
宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展を見る

池袋にて開催されている、「宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展」をちょっと覗いてき …

no image
宮崎駿が描いた原発メルトダウン後の世界 – On Your Mark

「チェルノブイリの住人は被曝していると言われても、他に知っている土地はないし、そ …

no image
ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~

ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~ 先日、地上波放送されたポニョを …

no image
『ビューティフル・マインド』を観て思うこと

『ビューティフル・マインド』という映画が面白いと聞いて、さっそく観てみた。 主人 …

no image
「借りぐらしのアリエッティ」を観て、宮崎駿の凄さがよく分かった

借りぐらしのアリエッティ 「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。 ジブリ映 …

no image
「トトロの住む家」こと「Aさんの庭」に行く ~宮崎駿がデザインした公園~

阿佐ヶ谷にある、「トトロの住む家」の跡地、「Aさんの庭」という公園を見てきました …

no image
ターミネーター4 Terminator Salvation

Terminator Salvation ターミネーターは帰ってきましたよ。 前 …

no image
『夢と狂気の王国』を観た

スタジオジブリの製作現場を描いたドキュメンタリ映画『夢と狂気の王国』を観てきまし …