memo

心に響くもの

ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~

   

先日、地上波放送されたポニョを観てから、自分のなかでポニョ熱が上がってしまい、翌日に「ポニョはこうして生まれた」のDVDを購入しました。
宮崎駿監督が、映画の構想を始めたところから密着したドキュメンタリDVDです。二年間にわたる密着で、収録時間はなんと、役12時間半。ぶっ通しで見続けると、一日終わります。
同じようなドキュメンタリで、「もののけ姫はこうして生まれた」がありますけども、もののけ姫のときは映画制作に密着していたのに対して、今回は宮崎駿ひとりに密着しています。つまり、作画スタッフの作業風景や、アフレコシーンなどはありません。まさに副題の「宮崎駿の思考過程」が垣間見れるドキュメンタリになっています。

世間には、もうすっかり巨匠となってしまった監督ですが、何度となく密着ディレクタに怒りを表して、人間臭さをみせてくれます。こんな映像が見れるのは、この作品しかないでしょう。
そして、この企画が成立したのは、宮崎駿ならではだと思う。ディレクタに怒り、邪魔なそぶりをみせるものの、宮崎駿という人は、とにかく話をするのが好きな人だ。ディレクタが話しに付いてこれなくても、おかまいなしに喋ってくれる。アウトプットがもの凄いのだ。
一般人とはベクトルの違う思考をしているので、話のひとつひとつに、唸らされてしまう。

この作品には、貴重な話がいっぱい詰っている。それを、どれだけ掬い取れるか。

創作に関わる人は、是非見ていただきたい。共に唸らされましょう。

ところで、ポニョを観ていて、ストーリィのなかでちょっと気になることがあったので、その保管になるような話があるかと思ったけれど、そういった説明などは一切なかった。

「なんで説明しなきゃいけないの?」宮崎駿の声が聞こえるような気がした。

 - ジブリの話, 映画 , ,

Comment

  1. cap より:

    12時間半・・

    途中で寝ちゃぃそぅだな・・(´=ω=) zzZ

  2. 匿名 より:

    "「なんで説明しなきゃいけないの?」宮崎駿の声が聞こえるような気がした。" ああ、この言葉しっくりきた。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展を見る

池袋にて開催されている、「宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展」をちょっと覗いてき …

no image
『ビューティフル・マインド』を観て思うこと

『ビューティフル・マインド』という映画が面白いと聞いて、さっそく観てみた。 主人 …

gravity
『ゼロ・グラビティ』の感想

現在公開中の大ヒットしている(と思われる)、『ゼロ・グラビティ』を観てきました。 …

no image
ターミネーター4 Terminator Salvation

Terminator Salvation ターミネーターは帰ってきましたよ。 前 …

no image
鈴木敏夫 – ジブリと宮崎駿を操る人

お台場の日本未来科学館で開催されていた、デジタルコンテンツEXPOに行ってきまし …

no image
アポカリプト

APOCALYPTO アポカリプトを見た。 ちょいと、ネタバレありで書きます。 …

no image
宮崎駿が描いた原発メルトダウン後の世界 – On Your Mark

「チェルノブイリの住人は被曝していると言われても、他に知っている土地はないし、そ …

no image
「コクリコ坂から」の照らす道

ジブリの最新作「コクリコ坂から」を観てきました。 監督は、宮崎駿の息子の吾朗さん …

no image
GOEMON

GOEMON 先日、GOEMONという映画を観てきました。 この監督さん、宇田多 …

no image
熱風7月号「ぼくには、鉛筆と紙があればいい」

スタジオジブリ発行の 熱風 7月号にて、宮崎駿さんがiPadに痛烈な批判をしてい …